地獄兄弟は今日も平和

□ SS・お題 □

無愛想だけど、優しい

 よりによって、こんな日に熱を出すなんて。
 すっかり暖かくなったと油断してたのかもしれない。

 一日の温度差が激しい季節は、昔から体調を崩しやすかった。
 幼い頃は、一年で一度のこの日によく風邪を引いて。母さんが付き添ってくれたのを覚えている。
 額に置かれた濡れタオルは、熱ですぐぬるくなる。それを優しい手で取り替えてくれて。
 熱にうかされながらもケーキが食べたいと訴える俺に、母さんはくすりと笑った。

『ケーキはまだ無理よ。その代わり、瞬にお歌を歌ってあげる』





 ひんやりとしたものが額に乗せられ、俺は目を開けた。
 少し、うとうとしていたらしい。

「……兄貴」

 先程まで見ていた母さんは、過去の幸せな幻想だったのだと思い知る。
 今俺が身を置いているのは温かい家ではなく、俺の側にいてくれるのは母さんでもない。
 額の冷たい感覚は、熱冷まし用のシート。兄貴が買ってきてくれたのだろう。

「寝てろ、まだ熱がある」

 隣に腰を下ろす兄貴は、もう俺の方など見ていない。
 気付けば、俺の体には毛布が掛けられていた。
 地面の下から伝わる冷たさを防ぐためか、体の下からぐるっと毛布を巻き付ける形で。

「兄貴、俺、ケーキ食べたい……」
「そんな金はないな」
「じゃ、兄貴の作る麻婆豆腐」
「作る場所と材料がない」

 ピシャリと言い放つ兄貴。
 相変わらず視線を合わせようとしない兄貴に、俺はちょっとだけ失望する。
 どうせ、今日が何の日かなんて兄貴は覚えてないだろうけど。

「その代わり、歌でも歌ってやる。それで我慢しろ」
「え?」

 俺は一瞬その言葉が理解できなかった。
 兄貴は今、何て言った?

「一応言ってやる。今日ぐらいはな」

 お前も病人だし? と口の端で笑う。
 耳に聞こえてくるのは、優しい旋律。兄貴がくれたバースデー・ソング。
 それは、ずっと昔、母さんが歌ってくれたように。

 こんな優しい兄貴は、珍しい。
 これも夢だろうかと思いながら、俺はまた眠りに落ちていった。
 沈む意識の中で、そのメロディーはいつまでも続く。





『ハッピーバースデー、相棒
お前が生まれてきたことに、感謝を』


 END

→お題一覧はコチラ

※5/2は内山さんのバースデーということで、誕生日記念SSです。
一応甘い話なので、ご注意を。
矢車さんの性格、こんなじゃないと我ながら思う・・・。ギャグにすればよかった(--ゞ
関連記事

*    *    *

Information

Date:2007/05/01
Trackback:0
Comment:0
Thema:二次創作:小説
Janre:小説・文学

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://wantlo.blog88.fc2.com/tb.php/111-3cfea069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)