ダブル★アクション

新ダブル★アクション(1)

 ←ダブル★アクション(5) →「電王」第15話&雑記
vol.1 今夜は麻婆豆腐


「――私は、戦闘におけるパーフェクトハーモニー、完全調和を提唱します」

 ZECTのお偉方が集まる会議の中、「俺」がそう言うと、おおーっ、と一斉にどよめきが起こった。
 いつも冷静な三島さんも、眼鏡がずり落ちてるのも気付かないほど呆けている。
 普段ネクタイをしない俺がきっちりネクタイを締めて、髪の毛なんかもちょっと茶髪だったりして、見た目もいくらか違うわけだから、驚くのも無理はない。

『あんまり派手に目立たないでよね、矢車さん。みんな不審がってるよ』
「お前の出世のために、やってやってるんだろう」

 一応釘をさす俺と、心外だと言わんばかりの矢車さん。

 今日の午後は、ZECT恒例の定期会議だった。これでも俺は隊長職にある身なので、会議には出席する。といっても、いつもはうつらうつら舟をこいでいるだけだけど。
 そんな俺を見かねて、今回は、矢車さんが代わってくれるというので、俺としちゃ、渡りに舟。
 舟つながりで、今日も絶好調だ。

 堅苦しい会議が終わると、別部署の役職にある田所さんが声をかけてきた。
 今日の発言はすごかったな、とか、きっとすぐ昇進できるぞ、とかなんとか。いつのまにか、俺の昇進確定みたいな話になっている。

「今日は赤飯だな、影山」
「いえ、今日は麻婆豆腐です」

 そんなどうでもいい情報は伝える必要もないのに、矢車さんは律儀に答える。

 ZECTという組織は、ワームに対抗すべく結成された、戦闘のプロ集団。
 その中に籍を置くとすれば、それ相応の実力と、過酷な日々に耐える強靭な精神力を持ち合わせていなくてはならない。

 ということで、おそらく誰も覚えていないだろうあの不運な隊員Aは、退職届を出したらしい。矢車さんの正体を見たばっかりに。
 噂では、喉に砂が詰まって炎症を起こしたそうだが、その理由について、本人は口を閉ざしているという。
 あるいは、炎症のせいで、しゃべりたくてもしゃべれないだけかもしれない。

 所詮、本筋には関係ない脇キャラがどうなろうと、世間は同情してくれない。世の中はシビアなものだ。
 そんなふうに、俺がなにげに感傷に浸っているうちに、矢車さんは勝手に俺の体を使って、スーパーで買い物をしている。

『うわっ、何買ってんだよ!』
「何って、豆腐だろう」

 豆腐は豆腐でも、一丁300円近くもするそれを買い物カゴに入れる矢車さんを見て、俺は青ざめた。
 本当に麻婆豆腐にするつもりだったのか。いや、それはいいんだけど、どういう金銭感覚をしてるんだろう、この人は。

『豆腐なんて、これで充分。ただでさえ、給料日前なんだからね』

 いつも買っている一丁68円の木綿豆腐を示すと、矢車さんは、というか「俺」は、不服そうに眉を寄せた。

「貧しい奴だな」

 ほっといて欲しい。

『それよか、早く体返せよ! もう今日は、ZECTに用事ないんだからさ』
「お前の体は具合がいいんだ。俺にぴったりフィットする」

 矢車さんは、そんな誤解を招きかねないコワイ台詞を口にする。規制がかかったら、困るってのに。

『とにかく!  しばらく出て来ないでよっ』

 俺はありったけの力を込めて、矢車さんの意識を抑え込んだ。
 なんにせよ、矢車さんは意外と料理がうまいから、夕食を作る時は出てきてもらうことになるのだが。

「さて……と。買い物、買い物」

 やっと体を取り戻した俺は、半額シールが貼られているだろう売り場を目指した。
 そんな折、聞こえた「キャー!」という甲高い声。タイムサービスはこんな時間にやらないはずだけど、もしやサプライズで激安特価商品があるのかもと思い、声の方へと急ぐ。

「どいて、どいてください! 俺はZECTの者です!」

 ZECTという名を出せば、どんな場合もたいてい待ち時間ゼロで目的地へたどり着ける。長い列も順番待ちしなくていいという、ありがたい職権。
 俺は激安商品をゲットすべく、必死に叫んだ。

「ああ、ZECTの方ですか! お願いします、ワームです!」
「えっ!?」

 ぐいぐいと、スーパーの親父に背を押され、進み出た俺を待っていたのは、激安超特価牛肉でも豚肉でもなく。

「わ、ワーム……?」

 どうして、こんな僻地の安売りスーパーにワームが現われるのか。目玉商品の売り出しはどこだ。
 俺の頭の中で、驚きと失望が入り乱れた。そもそも、この状況で俺に戦えと言うほうがおかしい。

 カゴに入った豆腐を見つめつつ、俺はため息をつく。
 今晩の麻婆豆腐は、レトルトに決定だった。
関連記事



【ダブル★アクション(5)】へ  【「電王」第15話&雑記】へ

~ Comment ~

>8割が励まされた歌様 

ご訪問、ありがとうございます。
好き勝手書いてるブログなので、皆様の反応が恐いところでもあったりします(苦笑)。
コメントを残してくださり、ありがとうございました。

はじめまして! 

素敵なブログですね!また訪問させて頂きます。

>きっぽう様 

「電王」に影響されてスラスラ書けてしまった第二部でした(笑)。
更新は我ながらびっくりするほどのペースでしてますね(^^; 無理にならない程度にがんばります。
いただいたコメントにいつも励まされています。ありがとうございましたv

 

第二部が始まり、とても嬉しいです!内容もギャグ満載で、副タイトル(?)にも笑ってしまいました。
第二部が思ったよりも早く始まったので驚いています。(第二部期待してますとのコメントをしておいて何ですが ^_^;)どうか無理にならないペースで更新なさって下さいませ。応援しています。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ダブル★アクション(5)】へ
  • 【「電王」第15話&雑記】へ