ダブル★アクション

新ダブル★アクション(6)

 ←「仮面ライダーV3」 →新ダブル★アクション(7)
vol.8 不思議のゼクト


 ZECTの最奥部と言われる、渋谷廃墟の一角。
 立ち入り禁止のそのエリアに、天道と加賀美が探りを入れているという噂はシャドウにも広まっていた。

 矢車さんが天道に告げた、意味ありげだが実は超テキトーなあの言葉が起爆剤になっているのだろう。
 なのに、そこで天道たちは怪しげなファイルを見つけたらしい。まさに、『ひょうたんから駒』。

 マスクド・ライダー計画について記されたファイルには、『カガ・ビシン』か『カ・ガビシン』か知らないが、そういった名前が挙げられていたのだとか(BY.加賀美新)。案外、次のゼクターの資格者は中国人なのかもしれない。

 一緒にZECTの秘密を暴きましょう、と熱血な加賀美に勧誘されたけど、俺は何の得にもならないことには乗らない主義だ。
 「田舎の母親に心配かけたくないから」と、さりげなく『いい人』っぽさをアピールしつつ、丁重に加賀美の誘いを断った。

 もしや本当に、ZECTがヤバい組織だったとしたら。何の前触れもなく、倒産とかしたら、どうしよう。
 給料未払いのまま路頭に迷うのだけは、絶対に避けたい。

 ZECT本部の休憩室で、俺がぼんやりと今後の生活の先行きを考えていると、携帯にメールの着信があった。

『……剣か』

 うんざりした矢車さんの声が響く。
 最近着メロを替えて、剣からのメールは「友だちんこ!」と連呼する着声にしたところ、ユーモアの通じない矢車さんはやたらと嫌がる。

『今はバイトは止めた方がいいな。いつまた剣がワームになるか分からない』
「うん。俺も、やられちゃったらシャレにならないもん」

 一応矢車さんも心配してくれてるらしい。とはいえ、雇い主にヘタに断れない。

『田舎の母親が危篤、とでも言っておけばいい』

 柔らかい笑顔の矢車さんが、黒い。
 まあ、それが一番当たり障りない理由だろうと思い、俺はさっそく剣にメールを返信した。
 許せ、剣。お前とはもう戦いたくない。この前ボコられたことが、トラウマになってるんだよ。

 ところが、メールの返信後、10分も経たないうちに田所さんが休憩室に飛び込んできた。

「影山、 やっぱりここにいたか! 食堂にいなかったから、ここだろうと思ったんだが」
「何かあったんですか?」

 直属の上司でもない田所さんが俺の行動パターンを読んでいるとはショックだが、ここはあえて我慢だ。

「剣からZECT本部に電話があった。お前の母親が危篤、という話を聞いてな。影山、後の事は俺に任せて、早く田舎に帰ってやれ!」

 田所さんは真剣にこちらを気遣っている。何か言わなくちゃ、と口をパクパクと動かすが、俺はあまりの事に声が出ない。
 剣の奴は、通話料がかかるから電話はしない、ときっぱり言い切ってたのに。

「ああ、すみません。それ誤解ですよ。俺の母親、奇特な人だって言われてるって話をしたら、なんか剣が勘違いしたみたいで」

 使い物にならない俺に代わって、矢車さんはスラスラと言葉をつなぐ。
 そうだったのか、とあっさり納得する田所さんも、加賀美と似たタイプだ。

「でもどうして、あの剣が電話をしてきたんでしょうね」

 そうそう、それそれ。俺の疑問を矢車さんは田所さんに問いかけた。

「このたび、ZECTの電話がフリーダイヤルになったんだ」

 当然のように答える田所さんに、俺は絶句した。
 いつからZECTは民間企業になったんだろう。よく考えれば、警察も110番はタダだけど、ZECTと警察は微妙にどころか全然違う。

「ちなみに番号は、0XXX-110910(いいゼクト)だ」

 追い討ちをかけるように言われ、俺も矢車さんも、少なくとも数分は真っ白い灰になっていたと思う。



※作中のフリーダイヤルは架空のものですが。もしや、どこぞでほんとに使われてるかもしれないので、掛けたりはしないでくださいね(汗)。念のため(^^;
関連記事



【「仮面ライダーV3」】へ  【新ダブル★アクション(7)】へ

~ Comment ~

>たけとむ28号 

コメント、ありがとうございます。
とっても素敵な響鬼小説を書かれる、たけとむ28号様のサイトは私にとって憧れなので・・・。
恥ずかしい限りの駄文を、そんな風に言っていただけると恐縮しまくりです。

リンクは、こちらの方こそさせていただきたく実は機会を狙っておりました(^^:
これからも、なにとぞよろしくお願いいたしますm(__)m

イメージがハマり過ぎてます(^^; 

こちらでははじめまして。
過日は当拙サイトにコメントありがとうございました。

いやもぅ……
拝読させていただきましたが、キャラのリアクションが余りにもハマり過ぎていて、情景を想像して大爆笑してしまいました。
いや、本気でお腹が痛いです。

他のお話も読ませていただきますね。

それとよろしければ、二次創作繋がりで貴サイトをリンクさせてよろしいでしょうか?
以後お付き合いいただければ嬉しく思います。

それでは失礼します。
 
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「仮面ライダーV3」】へ
  • 【新ダブル★アクション(7)】へ