完全調和な不協和音

完全調和な不協和音(27)

 ←ああ、やっと・・・ →「キバ」見れないけど・・・
vol.30 嬰ニ短調の終わりと始まり


『二兎を追う者は二兎とも取れ』

 残り1丁となった絹ごし豆腐をめぐって、おかしな男と豆腐料理勝負をし、勝った俺に、その男はそう言った。
 何のことか分からなければ、TV本編を見直して欲しい。

 豆腐1丁で麻婆豆腐4人分できるので、俺としては豆腐を半分づつでも良かったんだが。
 向こうがいらないと言うなら、それでいい。影山に食べさせてやるとして、残った分は、先日通販で購入した真空パックのフードセーバーで保存しよう。

 しかし、豆腐は腐りやすいというのに、妥協せず俺の申し出を断るとは、環境に優しくない男だ。
 以前どこかで見かけた気もするが、どこでだったか、思い出せない。

 久しぶりに顔を合わせた田所さんは、ザビーとなった俺の姿を見て、驚いた様子だった。
 無理もない。俺は、ザビーになることを嫌がっていたあの頃の俺とは違う。

 今は、ザビーであることが、俺のプライドだ。





「……聞きましたか、カブトのこと?」

 真剣な面持ちで、影山が俺に問う。
 レンゲに麻婆豆腐をすくいながら言われても、シリアスな会話なのか、それとも熱いから冷めるのをただ待っているだけの何気ない質問なのか、判断に困る。

「ああ、『ZECTに入らなければ、倒せ』だろ」

 とりあえず、会話を続ける方向で俺は答えた。

「今月中にあいつをZECTに入隊させれば、3万円の入隊祝い金がもらえるんですよね」
「らしいな」

 ついにZECTにも人材不足の波が押し寄せ、打開策のため、『今ならお得! ZECTに入隊お友達紹介キャンペーン』なるものを打ち出してきた。
 誰かを紹介してZECTに入隊させれば、紹介者と被紹介者にそれぞれ3万円が支給される。

「もしカブトがZECTに入ったら、矢車さん3万円ゲットですね!」
「……そうだな」

 羨ましそうな目を向ける影山に、俺は適当に返事をする。
 カブトの資格者である天道総司に、ZECTに入るよう打診はした。が、あの男が、よもや3万円になびくとは思いがたい。
 天道がZECTに協力しなければ、マスクド・ライダー計画に大きな障害となる。

(倒すのみ、だ)

 もとより3万円に関心のない俺は、戦いを予感した。

 ガタックゼクターは、あの一件以来反省室送りとなり、当分は表舞台に上がれまい。ドレイクゼクターは風に乗ってどこかへ飛んで行き、ドレイクグリップごと行方不明になってしまった。
 マスクド・ライダー計画は、前途多難。おそらくこれから、色々な試練が俺を待ち受けている。

 食べ終わるや、影山は「ごちそうさまでした」と、大きく手を振り去っていった。

 その姿に、俺は心が和む。
 誰もがお前のように単純、いや素直だったら、どんなにいいだろう。
 




 麻婆豆腐に満足し、矢車から離れたところで影山は携帯を取り出した。
 いつものように、簡単にリダイヤルを押す。

「……矢車さんは、カブトを倒す気充分ですよ」

 電話口の向こうの相手に、影山は淡々と告げる。

「もうすっかり、ザビーの使命に目覚めてるんじゃないですか」

 無邪気に、けれど無慈悲な天使にも似た顔で、影山は笑う。

「分かってます。もし矢車さんがまた不穏な動きを見せたら、報告しますから」

 どんな形であれ、矢車の傍にいられるこの役目を、影山は気に入っていた。
 こうして、定期的に報告する義務があっても、少しも苦痛ではない。

「……じゃ、また。三島さん」

 それだけ言って、影山は携帯を切った。





 そして、運命の歯車が回り出す――。


 END



※はい、完結です~。
長らくのお付き合い、ありがとうございましたv
関連記事



【ああ、やっと・・・】へ  【「キバ」見れないけど・・・】へ

~ Comment ~

>春巻様 

ギャグでやってきたものを無理矢理本編につなげるという暴挙だったもので、ちょっとアレかも・・・と心配してたんですが(^^;
意外と受け入れていただけたようで、ホッとしてます。
今回の話のために、色々記憶を掘り返してみたり、動画を見たりしてたら、もう懐かしさやら愛しさやらが、ブワーッと溢れてきました。
やっぱりまだまだ好きです、地獄兄弟v

新作のネタ(←妄想:笑)も形になってきたので、じき取り掛かります(^^)
コメントありがとうございました!

うわ、ばっちりつながった! 

参りました。てっきりパラレルと思っていたら、「Vol.0」だったんですね。パズルのピースが劇的に嵌まる感覚がたまりません。
このあと、矢車さんはサルで天道に手渡された豆腐を床にぶちまけてしまうんでしたね。食べ物を粗末にした矢車さんに死亡フラグ、と思ったら・・・ああ、あのワクワクの日々が蘇る・・・
影山は「中身の無い人間」だそうですが、空虚ゆえの素直さ、可愛らしさを愛してやまない私にも掴みきれない彼の本質に迫った最終回だったと思います。ありがとうございました!新作を気長にお待ちしています。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ああ、やっと・・・】へ
  • 【「キバ」見れないけど・・・】へ