スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←悪魔は夜歩く(2) →悪魔は夜歩く(4)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【悪魔は夜歩く(2)】へ  【悪魔は夜歩く(4)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

悪魔は夜歩く

悪魔は夜歩く(3)

 ←悪魔は夜歩く(2) →悪魔は夜歩く(4)
影山の夜 第3夜


 満月だった月は、だいぶ欠けてきている。
 矢車を探し求めて数日。毎夜俺は真面目に捜索に励んでいるのに、なかなか目指す相手にめぐり会えない。

 目印は、スーツを着た、優しげな笑顔の男。
 それらしい人間を某ファーストフードの店先で見つけ、そいつが矢車だろうと当たりをつけた。
 話しかけても全然無視されるものだから、しびれを切らして首に噛み付いたら、その男はえらく肉が固かった。

 しかも吸い取れるような生気もなくて、きっと矢車は、生きてても死んでるような、まあ現代人にありがちな無気力な人間なのかな、とちょっとばかり悲しく思いながらも、俺は仕事をまっとうしたはずだった。

 なのに、帰ったら、ミシマさんは苦虫を噛み潰したような顔をしてる。
 どうやら、俺はまたターゲットを間違えたらしい。

「おっかしいなぁ、こんなにそっくりなのに」

 人違いで俺の犠牲になった優しい笑顔の人形と、ミシマさんから渡された写真の男を何度も見比べて、俺は首をひねった。

 俺たちヴァンパイアの存在は、人間社会において、知る人ぞ知る。
 どれだけ目撃者がいても犠牲者が出ても、政府は真実をひた隠し、街中に魔物がいることなど決して人々に明かさない。
 大衆がパニックに陥るのを恐れているんだろう、とミシマさんは言う。

 ZECTという組織も、表向きは治安保護の為のNPOだ。
 そう聞いてたけど、このコピーは何なんだろう。

『ヴァンパイアに注意! あなたは狙われている!』
『ヴァンパイアにピンと来たら、すぐZECTへ』

 地下鉄の駅の構内に貼られたポスターには、しっかり『ヴァンパイア』の文字が書かれている。

 じっくり見ようとしたら、ひとりの人間が大きく溜息をついて、素早く片っ端からポスターを剥がしていく。
 ポスターに連絡先住所・電話番号が載っていたけど、確認している暇はなかった。

「田所、だっけ」

 そこだけ目立つように赤下線付きだった担当者名を、忘れないうちに、と俺は常に持ち歩いているメモ帳に書き留める。ミシマさんに報告しないと、あとでウルサイ。

 こうして、空からだけでなく、足で出歩いて探すこともしばしば。
 都会は、深夜になっても眠らない。キラキラ輝く派手な看板、店内から漏れてくる賑やかな声。

 ハローページで調べたら、矢車がこの近辺に住んでると分かったので、あとは情報収集だ。何度も同じ失敗を繰り返すほど、俺もバカじゃない。

「……あのー、この人知りませんか?」

 写真を手に、俺は道行く人間たちに聞いて回る。

「アラ、キレイなお兄さんだこと。でも、ウチのお客さんじゃないワねぇ」

 女の格好をして着飾った男の人が、首を横に振って。

「ここには、まだ運ばれていないよ」

 と、遺体安置所の職員さんも知らないと言う。

「お客様の個人情報に関しては、お答えできません」

 お城みたいな外観の建物の受付嬢には、そう言って言葉を濁された。しかもお客様用駐車場に停められた車は、ナンバーが隠されているという念の入れようで。もしかして、重要機密に関わる極秘会談でも開かれてるのかもしれない。

 何にしても、手掛かりは一向になし。
 一体、どこに行けば矢車に会えるんだろう。
関連記事



【悪魔は夜歩く(2)】へ  【悪魔は夜歩く(4)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【悪魔は夜歩く(2)】へ
  • 【悪魔は夜歩く(4)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。