スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ナーサリー・ライム(4) →北京五輪・・・じゃなくて
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【ナーサリー・ライム(4)】へ  【北京五輪・・・じゃなくて】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ナーサリー・ライム

ナーサリー・ライム(5)

 ←ナーサリー・ライム(4) →北京五輪・・・じゃなくて
 影山が目を覚ましたのは、すでに十一時を回った昼近く。
 普段なら矢車が仕事に行く時に起きるようにしているが、今日はすっかり寝入ってしまっていた。

「あーあ、半日パアか」

 ガシガシと頭を掻きながら、テーブルの上のメモを見る。今日は帰りが遅くなる、という矢車からの伝言は、買い出しをしておけ、という意味だろう。
 矢車が片付け忘れたのか、いつもラックに仕舞われている新聞が珍しくテーブルの上に置かれている。
 何気なく新聞を手に取った影山は、大きく写真入りで載った一面の記事に目を見開いた。

「この橋……っ」

 食い入るように写真を眺め、息を飲む。そこに映っているのは、夢の中で見たものと同じだ。
 なんとか読めるようになったノルウェー語を苦心して目で追い、橋の上での凶行を知る。そしてすぐさま片袖のコートを引っ掴み、外へ飛び出した。

(ごめん、兄貴)

 買い出しに行けないことを、影山は心の中で詫びる。
 それ以上に、ワームかもしれない自分を信じてくれている矢車に、謝りたかった。

 



 夜になり、矢車がアパートへ戻ってみると影山の姿はどこにもなかった。
 テーブルの上に置きっぱなしの新聞は、アーケル川の記事を曝け出しており、影山がそれを読んだことは一目瞭然だ。

「あの、バカ……!」

 自分の迂闊さを呪いつつも、出てくる言葉は別物。

(アンカーブリッジか)

 新聞に載った写真を、矢車は指で弾いた。影山は橋へ向かったに違いない。

 矢車は急いで大通りを駆け抜けた。日本なら闇が降りる時分でも、白夜のオスロは薄明りに照らされている。
 もとより夜目が利く矢車は、懐中電灯がなくてもさして困らない。とはいえアンカーブリッジは、市の中心から少し離れた街区にある。木立に囲まれ、夜ともなれば人通りはほとんどなく、何か起こったとしても人目につきにくい。

「相棒、どこだ!?」

 大声で叫びながら、矢車は影山の姿を探した。
 建築当初は木造だったアンカーブリッジは、現在石造りに変わり、沈まない太陽が橋をほの白く浮かび上がらせていた。

「きみ、こんな時間に何をしている」

 唐突に呼び止められ、懐中電灯を向けられた。矢車は手をかざし、眩しそうに目を細める。
 制服姿の地元の警官が二人、険しい表情で近づいてくる。ここ最近の事件を受け、付近を巡回しているのだろう。
 だが、間が悪い、と矢車は溜息をついた。

「人を探してる。ここへ来たはずなんだ」
「日本人か?」
「そう」

 面倒な職務質問に、内心の苛々を隠し短く答える。つまらない事に関わっている暇はないものの、下手に逆らえない。
 なんとかやり過ごそうと考えていると、木々の間に懐中電灯を向けた別の警官が、突如くぐもった悲鳴を上げた。

「か、怪物……!」

 光に照らされた緑色の異形に、哀れな警官はよろよろと後ずさった。ワームを目の当たりにしたことがないらしい。
 矢車はすかさず警官二人の腕を引き、背後へ下がらせた。

「逃げろ。あんたらじゃ、こいつの相手は無理だ」
「ま、待て! きみも逃げるんだ。すぐに応援を呼ぶ!」

 前に進み出た矢車をお節介にも引き留めようと、警官がむき出しの左腕を掴んでくる。
 矢車は軽く舌打ちして、腕を振り払った。

「俺はボーヒネン・ラボの人間だと言や、分かるか? さっさと行ってくれ」
「……ラボの!? 外国人のきみが?」

 警官の声には、驚きだけでなく、嫌悪感が見え隠れしていた。
 ノルウェーでワームに対抗できる唯一の機関として、ボーヒネン・ラボは広く知られる。ワームがらみでは、オスロ警察もラボに従うしかないという苦々しい現状があった。

 矢車も影山も、ラボに所属してはいないが、ラボの名は時に役立つ。
 走り去る警官たちの後姿を横目で確認し、矢車はワームに対し神経を研ぎ澄ませた。



※「Ankerbrua」という橋は実在しますが、逸話はすべてフィクションで捏造です。スミマセンm(__)m
関連記事



【ナーサリー・ライム(4)】へ  【北京五輪・・・じゃなくて】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ナーサリー・ライム(4)】へ
  • 【北京五輪・・・じゃなくて】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。