スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←悪魔は夜歩く(19) →「キバ」31話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【悪魔は夜歩く(19)】へ  【「キバ」31話】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

悪魔は夜歩く

悪魔は夜歩く(20)

 ←悪魔は夜歩く(19) →「キバ」31話
矢車の夜 第27夜


 悪酔いでもしたかのように、頭がガンガンする。
 ふと目を開けると、俺はどこかの決して高級ではないマンションの一室にいた。

「あ、気が付いた」

 布団から上体を起こした俺に寄り添う、色白でショートカットの女。彼女は心配げに俺の顔を覗き込み、水を入れたマグカップを渡してくれた。
 ひんやりと冷たい水が喉に落ちていく感触が心地いい。

 見たことのない美女だが、俺が誘ったのだろうか。
 レインボーブリッジが見える、夜景が綺麗な高層のホテルで、ヴィンテージワインのグラスをカチンと合わせる、そんな状況なら何も驚かない。

 だが、この状況は、おかしい。
 日曜朝8時放送中のヒーローキャラクターが描かれたマグカップを手に持ったまま、俺は呆然とした。

(これは、夢だ……)

 最近、田所さんや影山といった連中に振り回されてばかりだから。それに毒されて、奇天烈な夢を見ているに違いない。

「大丈夫?」

 優しく問い掛けられるも、彼女とどこで出会い、どうしてこうなったのかまったく思い出せなかった。

「……すまない。覚えてなくて」
「え、まさか、みんな忘れちゃったの? 自分の名前も?」
「いや。自分のことは分かる」

 不安いっぱいの瞳を向ける彼女を宥めるように、微笑んで見せた。たとえ記憶になくても、己がしたことには責任を取らねばならない。

「俺は、ZECTの……」

 俺が身分と名前を明かそうとした、その間際。

「岬ジロー。人騒がせな奴だな」
「え?」

 前触れもなく第三者の横槍が入れられた俺の驚きは、もはや筆舌に尽くしがたい。

(岬、ジロー……)

 まざまざと俺の脳裏に悪夢にも似た現実が蘇ってくる。激しい頭痛にこめかみを強く押さえ、俺は不遜な態度の男を見上げた。

「……天道」

 夢だ。これは絶対、紛れもなく、100%確実に。

「影山に頼まれて、お前を運んでやったんだ。ありがたく思え」

 天道の言葉と同時に、傍らの女は俺の視界の中でその容姿を変えていく。ずれていた感覚のチューナーが元に戻った、というべきかもしれない。

「影、山……」

 夢だ。これは絶対、紛れもなく、100%確実に。重要な事なので、二度言わせてもらった。
 女性だと思った相手が女ではなく、その上人間でもなかった衝撃は計り知れず、治らない頭痛と相まって、俺の意識のヒューズは再び焼き切れた。





 どこからか聞こえてくる、『蛍の光』の曲。
 学生時代、卒業式の日に第二ボタンを下級生たちにねだられたな、とぼんやり回想して、寝返りを打つ。すると、なにやら柔らかいものが腕に触れた。

(……ここは?)

 俺はいまだ痛む頭に顔をしかめ、起き上がった。
 そして、なぜか同じ布団で寝息を立てている存在に愕然とし、枕元に置かれた影山の携帯から流れるしめやかな『蛍の光』に脱力する。これが目覚ましだとしたら、曲のチョイスが最悪だ。

 徐々に昨夜の事が思い出され、俺は情けなさに打ちのめされた。が、腕時計を確認すれば、すでに朝七時。自己嫌悪に陥っている余裕はない。

「起きろ、影山!」

 隣で眠るヴァンパイアを問答無用で叩き起こし、ハンガーに掛かっていたワイシャツに袖を通す。勝手に脱がされたのは問題とはいえ、服が皺にならないよう配慮してくれたことは有難い。

「……あれ? なんで、兄貴がいるのさ」
「俺のほうが、聞きたい」

 げんなり答えつつ、寝ぼけ眼の影山を急き立てる。午前中にミーティングがあるため、早めに出勤し準備をしておきたかった。

「朝ごはんは?」

 俺の焦りなど、影山はまるで無頓着。

「そんな時間あるか」
「朝はちゃんと食べなきゃ、元気に働けないよ」

 白いシャツに着替えながら、影山が頑として主張する。ネクタイを締め終えた俺は、仕方ないと諦め、腕まくりをしてキッチンに向かった。

「トーストで我慢しろよ」
「あ、ゆで卵も」
「無茶言うな」

 10分もゆでる時間は、さすがにない。
 不服そうな影山に、目玉焼きくらいならできるだろうと、俺は溜息をついてフライパンを火に掛けた。



※ふざけ過ぎた・・・かな。ギャグなんですけど、うーん・・・。
関連記事



【悪魔は夜歩く(19)】へ  【「キバ」31話】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【悪魔は夜歩く(19)】へ
  • 【「キバ」31話】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。