兄弟のつぶやき

へたれきゃら

 ←「電王」第4話 →想が瞬を駆け抜けて(6)
弟のつぶやき


最近ヘタレなキャラがトレンディなのかもしれない。
今度のライダーは、俺以上にヘタレじゃないか。しかも弱いし。

こう見えても俺は、運動神経はなかなかだと思うし、体も丈夫だ。
今度こそ、ライダー史上に名を残すヘタレライダーの汚名を挽回できるかもしれない。

さっそく兄貴にそれを伝えたら、「無理だ」とあっさり否定されてしまった。

「なんでさ、兄貴!」
「確かに今度のライダーは弱いが、あくまで変身前だ。変身後も弱いお前とは違う」

兄貴はなにげにキツイことをサラリと言う。
変身後も弱い・・・って。

「だって、それはザビーのスペックの問題で・・・」
「ザビーを悪く言うのは、俺が許さん」
・・・目がすわってるよ、兄貴。

そうだった。
兄貴はザビーの時、夕陽をバックにカブトと戦ったあのカッコイイ一戦が忘れられないんだよね。
あの頃はまだザビーの扱い、よかったんだよなぁ。

「お前は、今のままでいいんだ。俺は路上のカリスマ、お前はヘタレのカリスマでいい」
そんなありがたくない称号もらっても・・・。
なんか、兄貴は別のキャラとかぶってるし。

とにかく俺も体を鍛よう。めざせ、脱ヘタレ!
いつかは兄貴みたいに、路上生活者のカリスマ・・・じゃなかった、路上のカリスマになるために。
関連記事



【「電王」第4話】へ  【想が瞬を駆け抜けて(6)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「電王」第4話】へ
  • 【想が瞬を駆け抜けて(6)】へ