雑記・ライダー感想

「電王」第6話

 ←想が瞬を駆け抜けて(7) →試食
そうか、ウラタロスはウソツキキャラだったのね・・・。

なんか車掌さん、もといオーナーさんが「パス」「パス」と言うし、時の流れの中をうんぬん・・・と言うもんだから。
ああ、今度は『銀河鉄道999』なのね(笑)。

なんとなく『電王』観ていていろんな意味で懐かしい気がするのは、きっと懐かしアニメやドラマを彷彿とさせるものがあるからだわ、と勝手に納得してます(^^ゞ

それにしても、良太郎の良い子っぷりは今日も発揮されておりました。
いい子だ、ホントv

でも6話終わっても、男キャラが良太郎だけというのは、ちとさみしい気もします。
良太郎自身の変身の面白さはあるけど、まだ他の男優さん出ないんですね。去年までは、今頃はもう次々に新キャラ登場・イケメン花盛りだったのに(爆)。

いや、それか余りにも技術の方に予算を取られ、レギュラー陣を増やせないとか(苦笑)。
デンライナーや今日の戦闘シーンなんて、お金かかってそうだもんなぁ・・・。
関連記事



【想が瞬を駆け抜けて(7)】へ  【試食】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【想が瞬を駆け抜けて(7)】へ
  • 【試食】へ