スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←試食 →想が瞬を駆け抜けて(9)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【試食】へ  【想が瞬を駆け抜けて(9)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

想が瞬を駆け抜けて

想が瞬を駆け抜けて(8)

 ←試食 →想が瞬を駆け抜けて(9)
15.追放

 ザビーゼクターを失った影山を組織に残しておくほど、ZECTは寛容ではなかった。
 利用価値がなくなった道具を切り捨てるように、ZECTは影山を放逐した。そこには、一片の温情も躊躇もない。

「隊長でもザビーでもないお前など、ただの不協和音だ」

 以前影山が矢車に浴びせた言葉が、今度はそっくりそのまま自分に返ってくる。

 雨の中、影山はシャドウの元部下たちによって殴られ、車から放り出された。
 仮にもザビーとして隊長の任にあった自分に対するものとは思えないほど、その仕打ちは冷たい。

『もう、あんたは必要ない。むしろ不協和音なんだよ』
 そう自分が告げた時の矢車の表情が、影山の脳裏に浮かんでくる。

(辛そうな顔、してた……な)

 あの時、矢車は怒りを表わすことも泣くこともしなかった。
 ただ辛そうな、哀しそうな顔で影山を見ていた。

「お前はいいよなぁ、影山」

 ふいに近くで声がした。

「矢車……?」

 幻かと思った。つい今自分が思い出していたその人物が目の前にいるのだから。
 影山と同じく雨に打たれたまま、路上に座ってこちらに目を向けている。先日と同じ、死んだような眼差しで。

「俺が見た地獄はこんなもんじゃない」
「うるさいっ! お前のせいで俺はザビーの座を……」

(何言ってるんだ、俺)

 矢車への罵倒が理不尽なものであると分かりながら、影山はそう叫んでいた。
 矢車の顔をまともに見ることができない。

 こんな惨めな様をさらすのは我慢ならなかった。今の自分を、矢車はきっと嘲笑っているのだろう。
 いいザマだ、と罵りの言葉が来ると思っていたのだが。

「地べたを這いずり回ってこそ、見える光があるんだ」

 矢車はずぶぬれの体をさらに地に擦り付けるようにして言う。

「……光?」

 影山は目を見張った。矢車は突然何を言い出すのか。
 完全に狂気を宿した者の言動だった。
 やはり矢車は以前の矢車ではない。何がひとりの人間をここまで変えてしまえるのだろう。

(俺のせい、なのか?)

 ザビーを失いZECTの呪縛を逃れた故か、影山の心がチクリと痛んだ。
 矢車と同じ立場に陥って初めて生まれた、矢車に対する罪悪感だ。

 高笑いしながら去っていく矢車の後姿を、影山は呆然と見送るしかできない。
 もう何もかもが分からなくなっていた。



16.ホッパーゼクター

 いまだ降り止む気配のない雨の中を、矢車は歩いていく。
 すでに衣服は絞ることができるほどに水を吸い、少し長めの前髪からも水が滴り落ちているが、まったく気に留めていない。
 雨の冷たさに奪われていく体温が、いっそ心地好かった。

(待ってろ。お前もじき、地獄の住人だ)

 自分と同じように見捨てられ、ずぶぬれになった影山を思い出し、矢車は口の端で笑う。
 影山は矢車の変わり果てた様が信じられなかったのだろう。驚きと恐怖がその瞳にありありと表れていた。
 己の変化は、矢車自身も自覚している。

 可愛い部下だった頃の影山の、自分を慕う笑顔が浮かんだ。
 矢車がザビーになった頃から、何かが少しづつ崩れてきた。
 変わってしまったのは、果たしてどちらが先だったのだろう。

 渋谷廃墟の一角に倉庫のような建物があった。
 目的の場所に着くと、矢車は扉をわずかに開き、中に身を滑り込ませた。

「びしょ濡れじゃないか。傘を持っていかなかったのかね」

 先に来ていた人物がそう声を掛ける。

「構わない」

 短く矢車は答えた。

「見つかったかい? 君の相棒は」
「ああ」

 必要最低限の会話は、すべてが思惑通りに進んでいることを示していた。

「それは、よかった」

 温和な笑顔を浮かべ、初老のその男はゆっくりとした口調で言う。
 警視総監にしてZECTのトップである、加賀美陸。

「『これ』も片割れを見つけて喜んでいるよ」

 そう言って、陸は矢車が持つものとまったく同じものを矢車に渡した。
 ――『ホッパーゼクター』。
 他のゼクターと違い、ついになった時最大限の力を発揮する。陸のみが知る、秘密裏に開発されたゼクターだった。
関連記事



【試食】へ  【想が瞬を駆け抜けて(9)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【試食】へ
  • 【想が瞬を駆け抜けて(9)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。